老化予防に気をつけたい糖化について

老化予防に抑えておきたい「糖化」とは

近年注目を集めている言葉として「糖化(とうか)」があります。糖化は生体内で起こる現象の他に酒造の発酵などの過程でも観察されます。

 

糖化は化学反応のことで、エネルギーを貯蔵するためにデンプンなどの多糖類が分解され、エネルギーとして活用できる状態の糖類になることです。

 

 

体を老化現象させてしまう可能性もあり、体内でタンパク質と余計な糖類が変性し、劣化してしまうと糖化最終生成物という老化物質を作ってしまします。この物質をAGEsと呼びます。

 

このAGEsは分解されにくく、老化を進行させてしまいます。

 

糖化してしまうことによってお肌の老化だけではなくガンや糖尿病、白内障などの病気も引き起こす可能性があるのでお肌だけの為でなく健康維持のためにも糖化を防ぎ、予防していくことが大切です。

 

たるみやくすみの原因にも・・・

糖化が原因のお肌のトラブルはたるみやくすみです。
お肌にこのような現象があれば、糖化を疑ってみると良いです。

 

糖化を予防、改善するには糖の吸収を穏やかにする食物繊維や抗酸化作用があるポリフェノールを意識的に摂取するようにしてください。
また急激に血糖値をあげてしまうと、AGEsを作りだしてしまうので、食事の時はよく噛んで血糖値が緩やかに上るようにしましょう。

 

なるべく炭水化物や糖質の摂取量を減らし、抗糖化作用のある食品を摂取するように心がけます。日本茶やウーロン茶、カモミールティーが抗糖化作用があります。

 

血糖値を上げにくい食事方法などを取り入れて上手に糖と付き合っていくことが大切になります。