洗顔。肌に必要なものを残すと乾燥しにくくなる!?

洗顔。肌に必要なものを残すと乾燥しにくくなる!?

洗顔後もうるおいを感じる

日頃肌をケアする為に行っている洗顔ですが、誤った洗顔をすると肌をよけい傷つけてしまう事があります。
洗顔は汚れを綺麗に落とせばよいと思って強くこすったりしていませんか?
その強くこする行為が一番肌を傷つけ乾燥する原因となるのです。

 

また、肌にある脂分を全て洗い落としてしまう事も間違っています。肌にある脂分は、肌の水分を逃さない働きをしています。脂分がなくなってしまえば、肌は乾燥してしまうのです。そして肌はなくなった脂分をさらに排出してしまいます。
そうなってしまうと、脂分が毛穴に溜まり、炎症を起こしニキビや吹き出物の原因となってしまうのです。
そうならない為にも脂分は適度に残すようにしましょう。

 

でわ、洗顔のどの部分を注意して脂分を残し洗えば良いのでしょうか。
洗顔する際には、石鹸の泡だけで肌をこするようにしましょう。手で擦ってしまうとどうしても肌を傷つけてしまいがちですので、洗顔の泡だけで優しく洗いましょう。
そうする事で肌も傷つけませんし、脂分も適度に残ります。
洗い終わった後は、タオルでこするのでなく、タオルで叩くような感じで水を拭き取りましょう。
この2点を守るだけでも、肌を清潔にさらには、適度な脂分を残せます。肌を傷つける事もありません。
特に冬場は生活している中でも乾燥などによって肌を傷つけてしまうので、洗顔の方法には十分意識して行っていきましょう。

 

肌に必要な脂分を残すという事も乾燥を防ぐ重要なポイントですので、しっかりと覚えておいてくださいね。