酸化予防で若返ろう

そもそも肌が酸化するとはどういう状態!?

化粧品などのスキンケア商品の説明などを読んでいると、「お肌の酸化を防いでくれる効果があります。」などの宣伝を見たことがあると思います。

 

そもそも、「肌が酸化する」のはどういった状況なのかというと、お肌がサビしてしまっている状態です。
もっとわかりやすく説明するとりんごを向いた状態でそのままにしておくと、表面が茶色くなります。これは酸化でお肌にも、このりんごと同じ現象が起きている状態です。

 

お肌の場合、活性酸素が原因で酸化してしまいます。
活性酸素は酸素が毒性のある酸素の変形したものことで、メラニンを増やしたり、お肌の弾力を減らしたりします。

 

体内の酸化を防ぐために。

活性酸素を作らないようにすることが、酸化を防ぐ方法です。活性酸素は紫外線や、空気中の細かいホコリやチリ、喫煙や飲酒などが原因で発生します。その他ストレスなどを受けると発生する場合もあります。

 

酸化を防ぐためにしたいことは活性酸素を作らにようにすることが大切です。
飲酒はほどほどにしたり、喫煙はやめる。ストレスを上手に発散するようにします。

 

そして食事でも抗酸化作用のある成分を積極的に摂取します。ビタミンCやイソフラボンは野菜や大豆製品に多く含まれていますし、βカロテンやカテキンも効果的です。

 

酸化を防いでくれるサプリメントなども販売されているので上手に活用してみてください。

 

お肌、直接的なお手入れも重要です。正しい洗顔方法で汚れを落とし、化粧水などでケアをしたあと保湿も行います。食生活からとお肌のケアをちゃんとして酸化を少しでも防ぎましょう。