オイルクレンジングの良い点悪い点

オイルは良くない!?オイルクレンジングのメリットとデメリット

クレンジングで肌の違いを実感する女性

最近はオイルクレンジングは肌に悪いという考え方が広まってきたようですが、このメイク落としの方法はメリットもあればデメリットもあるため、正しく使いさえすればそれ程肌を痛める事は無いのです。
まずは、オイルクレンジングの知識を取り入れてみましょう。

 

オイルクレンジングのメリットは、油分が多いメイクや皮脂汚れに馴染みやすく落ちやすい事です。
特にウォータープルーフのマスカラのような落ちにくいメイク汚れ対策にはピッタリですし、ほかにも酸化した皮脂汚れや、大気中の汚染物質も落とす事ができると言われています。
それにオイルはそのもの自体の洗浄力が高いため、界面活性剤を加えなくて済みます。

 

通常のクレンジング剤では水と油を馴染ませるよう界面活性剤を加えている事が多く、これが過剰に皮脂を取り除く原因となってしまうのです。

 

オイルならそれ自身が汚れを浮かせる働きを持っており、肌に負担をかけたくない方におススメです。
しかし、オイル成分が100%では無いものは界面活性剤が一般的なものより多く配合されている場合もありますので、オイルクレンジングだからといっても全てが肌に優しいわけではありません。
更にオイルクレンジングのデメリットとしては、水やお湯で洗い流した後にベタベタしやすい事でしょう。
特に皮脂が多い方、ニキビができやすい方は吹き出物が出来やすくなるため、最後に石鹸などでダブル洗顔して油分を落としてあげる必要があります。

 

このようにオイルクレンジングには油分の汚れが落ちやすい代わりに、ベタベタしやすい事もあるため、肌質によっては合わない事もあります。
しかし、その場合でもアイメイクなど部分的なものには使用できますし、上手く活用すれば良い商品とは言えます。

 

また、素肌に優しいオイルクレンジングを選ぶ際は、ココナッツオイルやオリーブオイルなど食べても身体に良くて美肌効果も期待できるクレンジングを選ぶことがおすすめです。
⇒肌に優しいスキンケア発想のオイルクレンジングランキングはこちら