敏感肌の基礎化粧品とスキンケア

保湿の目的とその方法について

保湿してうるおいを感じている女性

基礎化粧品による保湿の目的は、簡単に言えば肌に潤いを与える事になります。
しかし、肌には元々水分を溜め込む力が備わっており、若いときにはそれ程必要性はありません。
細胞一つ一つが水分を抱え込み、その外側を皮脂が覆うことで水分の蒸発を防いでいるのです。

 

ただし、この肌の保湿作用は年齢と共に衰えてしまったり、空気が乾燥する季節になると皮脂の分泌が少なくなることで得られにくくなってしまいます。
そのときに利用するのが基礎化粧品による保湿作用で、肌に少なくなった水分や油分を補う目的があるのです。

 

毎日のケアの順番は、肌に水分を与える化粧水、次に水分の蒸発を防ぐ乳液やクリームを塗ります。
保湿のための基本的なケアはこれで十分ですが、だからといって基礎化粧品を使うだけでは成分の浸透力の関係上、肌の細胞の隅々まで水分が潤うわけではありません。
基礎化粧品はあくまでも補助的なもので、肌自身が保水力を持ち水分を抱え込む力がないとダメなのです。

 

でも、基礎化粧品を使う意味が無いとは思わないで下さい。

 

化粧水の水分が角質層まで浸透する事は無くても、それがきっかけとなり肌自身がどんどん水分を作り出すように変わってきます。カラカラに乾いた場所に水を呼び込むのは難しいのと一緒で、ある程度潤いが無ければ水分を呼び込む事はできないのです。

 

肌も化粧水の力で保水を持つキッカケをもらい、更にクリームなどの油分で蓋をすることで肌本来の保湿力が高まってきます。保湿の本来の目的は基礎化粧品だけで潤わせるだけでなく、本当は肌が持つ保水力を引き出すためにあったのです。