敏感肌の基礎化粧品とスキンケア

もっちりハリつや素肌で、ヒリつかない!カサつかない♪

肌のバリア機能を底上げする基礎化粧品選びのポイント

『洗顔するといつも肌がガサガサして突っ張る』
『化粧を落すと突っ張って、ピリピリする』
『クレンジングが肌に合わないとブツブツ吹き出物が出る』
『ストレスや食生活ですぐに肌荒れする』
『いつも、ピリピリしながら保湿化粧品を塗っている』

 

敏感肌の方は、いわゆるバリア機能と言われるセラミドやスフィンゴ脂質といった肌表面で外部刺激から守る美容成分が不足しがちと言われています。

 

カサカサしがちでうるおいが足りないと、コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分を補給することに気持ちが行きがちですが、アトピーや敏感肌は普通よりセラミドが不足しがちであると言うことが分かっています。

 

また、洗浄力が強過ぎると肌に必要な皮脂や油分を落とし過ぎて乾燥しやすくなりますし、肌に刺激を与え負担の大きい科学合成物質も避けるべきです。

 

まずは自分自身が持つ肌のチカラを引き上げることが大切!

 

それには肌に必要なものを落とし過ぎない洗顔料選びから始めましょう。


老化予防!基礎化粧品から見直すスキンケア

基礎化粧品は、年齢を重ねるほどに何を使うかが大切になってきます。

 

肌は、30代から目に見えて弾力を失いシワやくすみなどの老化が進んできます。

 

私たちの身体でもヒアルロン酸やコラーゲンが作り出されていますが、年齢と共に生産量が低下していきます。

食事から摂ることでも補えますが、食べ物や飲み物の場合はまず胃の中で分解されてから吸収されますから、肌から直接取り込むことも基礎化粧品の役割も大きくなってきます。

 

肌のバリア機能を育む優しいクレンジングや洗顔石鹸。
天然由来成分が配合されていて、無添加の化粧水や美容液、乳液など。
肌が喜ぶ成分とその配合量にも着目して選んでいきたいものです。

 

バリア機能を底上げする⇒クレンジングランキング

おろそかに出来な食生活のこと

ファストフードは肌荒れの原因に

ボツボツと吹き出物が出やすかったり、所どころ赤みを帯びたり、カサついたりヒリヒリしたり・・・。

 

外部の刺激に弱かったり、体調によって肌コンディションが崩れやすい素肌は、バリア機能が低下していることが大きな原因。

また、食生活や睡眠、ストレスなど、体の内面的な要因も大きいでしょう。

 

しかし、やはり食事は大切です!

私たちの体を作るのは、食事から頂く栄養から成り立っているからです。

そして、「肌は内臓を映し出す鏡」とも言われるように、栄養バランスが偏ったり体調面が肌に現れるからです。

 

食の欧米化に伴い外食中心の生活、またはお菓子などの間食を摂っている方は、塩分や脂分を取りすぎる傾向にあります。

野菜を積極的に摂るように心がけたり、腹6分目、7分目くらいに控えることを心がけると肌コンディションにも変化が見られると思いますよ。